閉じ込められていた才能があふれ出している


わたしには、なにか才能があるのだろうか・・・


どうも。私にはどんな才能があるかを調べたばかりのみるこです。


才能を誰かが見つけてくれたり、伸ばしてくれたりというような幸運は、そうそう起こりませんよね・・・。


やはり自分の才能は、自分で見いだすしかないようです。


よく自分の才能を知るためには、『友人に聞いてみる』『今までの成功体験から見つける』『好きな事から見つける』と聞きます。


ですが私は、もっと根幹にある私の才能を知りたかったのです。年々変化するものではなく、もっと長期に渡り変化する可能性の少ないものです。


それでは、私が自分の才能を知るために何をしたのかお話していきます。

自分の才能を知ることから始めよう!いばらの道を歩む必要はない。

いばら


自分の才能がないところで努力をするのは、ゼロを一にする作業です。ないものを生み出そうとしているので、どうしてもいばらの道になってしまいます・・・。


もし才能があるもの全くないものを知ることができれば、いばらの道を避け、明るい野原をスキップしながら進むことができるかもしれません。



そこで今回わたしが受けたのは、ストレングス・ファインダー2.0というものです。


ストレングス・ファインダーは、アメリカで40年以上も才能の研究をし、開発されたものです。

最初に聞いたとき、横文字に軽く拒否反応は出たのですが、やはり餅は餅屋です。才能は才能の研究をして、その言語化に成功したところに聞くのが一番確実だと思ったのです。


ということで、自分の才能を知るためにストレングス・ファインダー2.0を受けてみました。


まずは受け方についてお話します。

自分の才能を知ろう!ストレングス・ファインダー2.0の受け方。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0という本があります。これは、普通に本屋さんで購入できるものです。


この本の巻末にあるアクセスコードを入力し、オンラインで質問に答えていきます。本の代金は掛かりますが、ストレングス・ファインダー2.0を受けるのは無料です。


中古品は、アクセスコード使用済みの可能性が高いので注意しましょう。


それでは次に、ストレングス・ファインダー2.0の詳細についてお話していきます。

自分の才能を知るために、どのようなテストを受けるのか

ストレング・スファインダー2.0の流れは以下です。

  1. オンラインで、177問にも及ぶ質問に答える(一問20秒以内)
  2. 所要時間は、約35分
  3. 自分専用にカスタマイズされたレポートを受け取る


1問につき、短めの文章×2が出題されます。これを選び、更に選んだ中からどれくらい当てはまるかを選ばなければなりません。ここまでで20秒です。


1問の中に二つ問いがあるようなものなので、20秒はかなり短く感じました。集中できる時間にやったほうが良さそうですね。


ただ質問は自然と、「この答え以外はありえない」と感じるものが多いのです。


きっとわたしとは全く逆の答えを「これ以外ありえない」と思う人もいるはずなので、このあたりがキモになるのではないでしょうか。


本能的に反応するフレーズや自然に向かう思考、心の傾きを特定しようとしている感じです。


いくつか「どちらとも言えない」と思う質問がありましたが、まったくフレーズに興味がわかないので、それはそれですぐに答えられました。


制限時間に間に合わなかったのは、177問中1問だけで、これも踏まえての診断結果です。


それでは次に、どのような自分専用のレポートがもらえるかについてお話していきます。

自分の才能を知るためのレポートはどのようなもの?

才能を知るためのレポート

レポートは何枚にも渡ります。


そして才能を結びつけている、人に共通する34の資質のうち、自分の資質トップ5を知ることができるのです。


34では少ないと思われるでしょうか?


ですが、資質の組み合わせはその人独自のものであり、このトップ5の資質が同じ順番になるのは、なんと3300万人に1人


そして、同じトップ5になったとしても、その資質の表れ方は異なるため、全く異なる説明となるそうです。


ですが問題なのは、自分の才能を知ったあとですよね。


それでは次に、才能を知ったあとのことについてお話していきます。

自分の才能を知ったあとにとるべき行動は?

飛び立つ才能を見上げている


「わたしにはこんな才能があるんだ。なるほど・・・」


これでは、せっかくの才能も一生使わないまま終わってしまうかもしれません。それではあまりにもったいないですよね・・・。


わたしに才能があるなら、思う存分活用して、人生楽しく過ごしたいものです。


では、才能を知ったあとにどのような行動を取れば良いのか。ストレングス・ファインダーのすごさは、ここにあると思います。



巨大なデータバンクと照らし合わせ、個別にカスタマイズされた、行動のアイディアをレポートで示してくれるのです。


各資質ごとに10項目の行動アイディアがもらえます。つまりトップ5の資質にたいして、計50項目の具体的に取れる行動がわかるというわけです。


至れり尽くせりですね。


そして更なる有効な活用方法は、自分の身近な人にもやってもらい、見せ合うことです。


ただ、心の中を覗かれた感じのレポートだったので、人にレポートを見せるのは恥ずかしくもありますが。



ですがその恥ずかしさを乗り越え、お互いの才能を知ることで、才能を伸ばしあうことも、助け合うこともできるのです。


お互いの才能がわかれば、その人が才能のある分野はその人に任せ、わたしが才能のある分野はわたしが引き受けることができます。


そうすることで、より才能を使う事ができ、筋肉のようにどんどんその才能が強くなっていくのです。


わたしの才能も早くマッチョになれるよう、鍛えなければなりません。


それでは、わたしには何の才能があったのでしょうか。

わたしには何の才能があったのか

飛び立つ才能と真っすぐな道


ここは恥ずかしいので、多くは語りません(笑)


一部分だけ取り上げると、わたしには『指令性』という資質があり、YESマンになれず、真実を曲げることはできないそうです。


また、プロジェクトの改善や見直しにも、こういう資質の人が向くようです。


たしかに前の会社でよく上司とバトっていたことが思い出されます・・・。これも才能だったんですかね(苦笑)


ただその上で管理職に任命してもらえたことを思えば、才能だったのかもしれません。


『嘘も方便』という言葉が嫌いで、聞くと少しイライラします。


ですが私と違う資質であれば、「優しい嘘もあるよ」と自然に受け入れられるのではないでしょうか。


もちろん私も、相手を傷つけてまで、真実を言う必要はないとわかっています。

ただ、『嘘も方便』という言葉に、嫌な感情が自然と沸いてくるのです。


これはストレングスファインダーの質問ではありませんが、同じように、反応する言葉や思考のクセというのは存在します。


普段なりたい自分を演出していたとしても、そういう自然な思考心の動きこそ、自分自身の本来の姿なのです。


もっと素敵な感じの資質もほしかったですが、こればっかりは仕方ありませんね(笑)わたしはわたしの才能を活かして、スキップしながら人生を進めていきます。


それでは最後にまとめておきます。

まとめ

<自分の才能を知る方法>

  1. 『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』の巻末にあるアクセスコードをサイトに入力する。
  2. 177問にも及ぶ質問に答える(一問20秒以内)
  3. 所要時間は、約35分。
  4. 自分専用にカスタマイズされたレポートを受け取る


自分の才能を知る方法はいかがでしたか?


自分の才能を知り、なにが自分を特徴づけているか知ることは、とても大切なことです。


もちろん会社では、得意なことだけをできるとは限りません。


ですが、自分にその才能がないことを知っていれば、回避できるなら回避し、できないならそれを踏まえたうえでの対策を考えられます。



わたしは自分の才能を知りました。ですが、大切なのは、このあとのわたしの行動です。

レポートを繰り返し読み、具体的に行動を取っていかなければなりません。


ですが、才能のある部分なら、きっと成長も早く、またそれが自信につながっていきます。きっと努力も楽しいものに感じられるのではないでしょうか。



これから、家族にもやってみてもらおうと思っています。まずは身近なもの同士で協力し合えるように。



そしてどんどん輪が広がって、お互いの才能を認め合い、協力し合えるような世界になったら、きっと素敵でしょうね。


みんなが得意なことを生き生きとおこなっていて、なんとなく優しい世の中になりそうな気がします。


それでは最後に、本の一節をご紹介します。

「才能はあなたに見いだされるのを待っている」

引用元: 【書籍】さあ、才能に目覚めよう

ぜひ、自分の才能を見いだしてあげてください^^




※中古品はアクセスコード使用済みの可能性が高いので注意!