サランラップ
サランラップの生活感がなんとなくイヤ・・・。


どうも。面倒くさがり屋のみるこです。


一度目に付くと、なぜか気になってしまうものです。どんなにオシャレなインテリアにしても、その中にあるこの違和感


こんなに小さいのに、なぜかとても主張してくるのです。


「サランラップのケースをオシャレにしたい。だけど面倒なのはイヤ・・・」


サランラップを目にするたび、わたしの心はいつも、ユラユラと揺れ動いていました。こんなに揺らされては三半規管がこわれてしまいます。

なので、ようやく重い腰を上げることにしました。


ですがいざ手作りしてみたら、とても簡単です。不器用なわたしでも5分でできました!


それでは、サランラップのケースを手作りでオシャレにする方法をお話していきます。

脱・生活感!サランラップのケースを手作りでオシャレにする方法。

サランラップ2


「サランラップケースをオシャレにするなら、ケースを買うのが一番楽ちん!」


そう思って色々試してみました。


ですが、マグネット式が冷蔵庫から落ちたり、大きさがわたしのお気に入りのサランラップと合わなかったり、端っこを見失ったり・・・。


やはり使い慣れた、お気に入りのサランラップがストレスフリーなのです。


  • が使いやすい
  • 刃の切れ味が良い
  • 端っこを見失ってもすぐに探せる


  • このあたりを譲ることはできません。となると、お気に入りのサランラップのケースを使って、オシャレに手作りするしかない!



    この思いが冷めないうちに、さっそく手作りしてみました。


    サランラップケースの作り方(準備編)

    オシャレなサランラップケースを手作りするための材料


    材料は100均で揃います。わたしはSeria(セリア)で購入しました。



    以下に用意するものをまとめておきます。

    ◇用意するもの◇

    1. お気に入りのサランラップ
    2. 100均のウォールラインステッカーなど(色などはお好きなもので!)
    3. ハサミ
    4. 場合によってはカッター



    どの色や柄にしようか迷いに迷って、少し買いすぎてしまいました。


    買って失敗したものもあるので、後ほどお話します。それではオシャレなサランラップケースを手作りしてみましょう。

    サランラップケースの作り方(実践)

    オシャレなサランラップケースの材料(ウォールラインステッカー)


    迷いましたが、まずは右側のウォールラインステッカーで手作りすることにしました。


    サランラップケースの分解はしません!シールになっているので切って張るだけです!


    さっそくやってみましょう。

    サランラップケースの作り方1

    まずは、サランラップをケースから取り出します。



    サランラップケースの作り方2

    下から貼っていきます。


    もともとのウォールラインステッカーの幅でちょうど良いです。サランラップの底から1センチくらいずつはみ出すくらいです。


    サランラップケースの作り方3サランラップケースに貼るために、角をハサミで切り落とします。


    サランラップケースの作り方4

    サランラップケースに貼ります。この時に一生懸命こすります(笑)


    しっかりとしたテープですが、今後取れてきたら面倒くさいので、しっかり擦っておきます。特に端っこは念入りに擦りましょう。



    サランラップケースの作り方5

    いよいよ土台の部分です。ぐるっと一周巻きます。フタは一旦開かなくなりますが、気にしません。


    サランラップケースの作り方6

    はみ出している部分をハサミでカットします。気持ち内側に入れるくらいのほうが、剥がれてこないです。これでフタも開くようになりました。



    サランラップケースの作り方7

    「巻き戻りしにくい用」のハネは、カッターで切ります。裏側から指で押すと、場所がわかります。


    ただわたしは、今後また作るときはそっとしておきます(笑)とくに不便は感じませんでした。


    サランラップケースの作り方8

    上も同じように貼ります。


    そして、サランラップを切る刃の部分にシートが掛からないように気をつけましょう。


    擦るのも忘れずに行います。



    オシャレなサランラップケース完成

    完成!



    少しくらい切り口が汚くなっても、細かいことは気にしません。サランラップの箱をまじまじとは見ないので大丈夫です!



    そして、別のウォールラインステッカーでも同じように作ってみました。

    オシャレなサランラップケース完成2

    こちらもシンプルで良いですね。だんだん作り慣れて、職人のようになってきました。



    シートは沢山の種類があるので、お部屋のインテリアに合わせると良いかもしれませんね。


    ただ・・・、シートの選び方にはコツがあることがわかりました。ぜひ、わたしの失敗を参考にしてください。

    サランラップのケースを手作りでオシャレに!失敗しないシートの選び方!

    オシャレなサランラップケースを手作りするために買い込み過ぎたシートたち


    買い込み過ぎたシートたちです。①は先ほど使用したので、今度は②を使います。


    とてもキレイな発色です。白なら『S』と『A』のシールを貼って、サランラップとアルミホイルをわけるのも素敵です。



    どんどん夢が膨らみます。そしてこうなりました。


    シートを貼ってもサランラップの文字が透けている


    「どこまで主張したら気が済むの~」


    せっかく作ったのに、透けているではありませんか。テープを伸ばしたときに、薄いな~とは思ったのですが・・・。


    よくみたら、マスキングテープと書かれていました。これでは薄すぎるようです。2回貼ればキレイになりますが、手間がかかってしまいます。



    それならばと、③でチャレンジしたところ、②よりはかなりマシですが、大きすぎてやりにくい・・・。


    ということで、透け感、やりやすさを合わせると、だんとつで①のウォールラインステッカーが良かったです。


    わたしが選んだ2つ以外にも、たくさんの種類があります。お好きなものでチャレンジしてみてください!


    それでは最後にまとめておきます。

    まとめ

    ◇サランラップのケースをオシャレに手作りする方法

    <用意するもの>

    1. お気に入りのサランラップ
    2. 100均のウォールラインステッカーなど(色などはお好きなもので!)
    3. ハサミ
    4. 場合によってはカッター
  • ウォールラインステッカーが透けにくく、やりやすい(わたしはSeria(セリア)で購入)
  • 貼るときに、サランラップのに掛からないよう注意する
  • とくに端っこは念入りに擦ってはがれにくくする

  • サランラップのケースをオシャレに手作りする方法は、いかがでしたか?


    わたしは、透けたものも含めると、たくさん作り過ぎてしまいました・・・。


    せっかくなので実家の母に持っていったら、やはり一番上出来なものを選ばれてしまいました(笑)



    サランラップのケースは、一度手作りしてしまえば、あとは刃が悪くなるまで使い続けられます。サランラップを買うたびに作るわけではありません!



    これでやっと、小さな違和感から解放されそうです。


    最後に見比べてみましょう。

    サランラップケースのbefore after


    目立って良いんですけどね・・・。


    それではぜひ、お部屋にあった素敵なサランラップケースを作ってみてください♪


    脱・生活感!