白シャツと花束


白シャツは、何を合わせるかよりも、着こなしそのものが大切でした・・・


どうも。アラフォーにしてオシャレにめざめた、みるこです。


服はたくさん持っていたものの、なぜか白シャツを持っていませんでした。洋服屋さんで見かけても、オシャレと思わないというか、気にも留めなかったというか・・・。


ところが何気に手にしたオシャレの本を読んで、衝撃の事実が発覚しました。



なんと白シャツというのは、ただ着てボタンを留めるだけではなかったのです。



まさかアラフォーにして、洋服の着かたそのものを学ぶとは!洋服の着かたを教わるなんて、子供のころ以来ではないでしょうか。


そんなわけで今回は、わたしが学んだ白シャツの着こなしについてのお話です。

白シャツは着こなし次第!年齢もシーンも問わない万能選手だった。

「女性らしくて、こなれてみえて、それでいて自然な感じ」


わたしの目指すイメージはこんな感じでした。少し盛りだくさんですが、わたしの欲望はつきないのです。


そんなわたしの欲望を、白シャツはすべて叶えてくれました。それどころか、「希望はそれだけ?」と鼻で笑われた感じさえも否めません。



それでは、白シャツの『着こなし』『着回し』にわけてお話していきます。

白シャツの着こなし偏

まずは、白シャツの着こなしについてお話していきます。


まずお店で見かけるのは、こんな感じです。これを見て、「わぁ~素敵!買わなくちゃ!」とはなれませんでした・・・。そう思えるのはきっと、想像力が豊かなオシャレさん達でしょう。

ハンガーに掛けただけの白シャツ


では、そのまま着てみましょう。

ただ着ただけの白シャツ
う~ん。普通と言えば普通だし、さえないといえばさえない感じです。


では、ボタンを空けて、少し後ろにずらしてみましょう。ついでに襟も少したてます。
これが着こなしの第一歩です。

ボタンを少し開けた白シャツの着こなし
おっ。なんだか女性らしい雰囲気になりました。これだけでもずいぶん印象が変わりますよね。



更に、袖を折ってみましょう。一度大きく折ります。

袖を折った白シャツの着こなし


そのあとに、小さくクルクル折ります。


キレイに折り過ぎないように、あえて崩すことでこなれて見えます。そして白シャツの裾を前の部分だけ、ボトムスにつっこみます。

裾を前の部分だけをボトムスに入れた白シャツの着こなし
いかがでしょうか。最初とは、かなり印象がかわりました。



せっかくなので、ロングネックレスと、ブレスレットをつけてみました。

白シャツの着こなしが完成

完成です!

白シャツの着こなしを変えただけで、女性らしくこなれた感じがしますね。


beforeとafterです(笑)着こなしはできていますかね?

白シャツの着こなしのbeforeとafter
それでは、白シャツ着こなしのポイントを簡単にまとめておきます。

<白シャツ着こなしのポイント>

  • ボタンを空ける
  • 襟を少し立てる
  • 少しだけ後ろにずらす
  • 袖を大きく折ったあと、クルクルと小さく折る
  • 白シャツの裾を、前だけボトムスに入れる
  • サイズは、自分のサイズよりも少しだけ大き目がやりやすい


ちなみに画像の白シャツは、ユニクロの白シャツです。なぜか色味が違って見えますが、全部同じ白シャツです。


去年買ったので、同じものはないようですが、これが近いかもしれません。




こうやって見てみると、白シャツは着こなしだけで変わることが分かりますね。どうやらほんの少しのことが、大きな変化に繋がるようです。


「洋服はボタンをとめて~」と、ちゃんと習ったはずなのですが・・・。新たに着こなしを学んだので、脳内に再インストールすることにします。



それでは、次に、白シャツの着回し偏です。

白シャツの着回し編

さきほどの着こなし偏は、白シャツにスタンダードなパンツを合わせただけでした。


今回は、白シャツをどれくらい着回しできるかやってみます。白シャツはシーズンを問わず、どんなシーンにでも使える万能選手です。


まずは、小物とボトムスを変えてみます。

白シャツの着こなしパターン

少し雰囲気が変わりましたかね。ジーパンと、天然石のネックレスです。キチッとしたものと、カジュアルな物をあえて組み合わせます。そうすることで、こなれた感じになるそうです!


次は、定番のストールです。

白シャツの着こなしパターン2

色々な巻き方があるので、変えてみても良いですね。


そして今度は、スカートです。こちらは白シャツの裾を、全部スカートの中に入れました。やはりスカートだと、女性らしさが倍増しますね。ちなみに肩乗せているのは、グレーのカーディガンです。

白シャツの着こなしパターン3

ワインレッドのタイツなのですが、画像だとわかりにくいですね・・・。


最後は、ニットです。こんな時期に無謀な撮影ゆえ、暑い・・・。わたしは何をしているのでしょう・・・。

白シャツの着こなしパターン4

まだまだ続きそうなので、ここら辺にしておきます。


いかがでしょうか。女性っぽいのもあれば、カジュアルにも使えそうではないでしょうか。何を合わせても、白シャツの着こなしのベースがあるので、こなれた感じに見えそうです。


わたしも少しは女性らしくなれたでしょうか(笑)


それでは最後にまとめておきます。

まとめ

<白シャツの着こなし>

  • ボタンを空ける(どこまで開けるかはお好みで)
  • 襟を少し立てる
  • 後ろにずらす
  • 袖を大きく織ったあと、小さく折る
  • 白シャツの裾を、前だけボトムスに入れる
  • サイズは自分のサイズよりも少しだけ大き目がやりやすい

  • 白シャツの『着こなし』と『着回し』は、いかがでしたか?


    きっと、女性らしくも、カジュアルにも、自由自在に自分らしく着こなしていけるのではないでしょうか。


    白シャツは、1枚持っているだけで、十人力です。


    わたしはアラフォーになり、だんだん「どの服もいまいち似合わないな~」なんて思ったりもしましたが、白シャツが似合わないという事はさすがにないようです。


    きっと白シャツは、年齢シーンも問わず、なんなら性別も問わず、誰にでも似合うと思います。


    そしてこれかもずっと、愛され続けていくのではないでしょうか。


    ぜひ持っている白シャツを着こなしてみてください。新たな可能性が発見できるかもしれません^^


    それでは、良き白シャツ生活を送ってくださいね!


    わたしも少しは女性らしくなれるように頑張っていきます・・・。